. .
地球環境部会 水質部会 事業部会 有機農法研究会 住環境部会

有機農法研究会
 

 有機農業は未来の農業たり得るか

 有機農業の哲学の核心は土壌の豊かさと安定性の改善にあるが、今や主流農学者も集約的農業技術の長期的持続可能性を懸念するようになり、土壌の「完全性」にますます焦点を当てるようになってきたということにある。両者の対立はますます激しくなっているけれども、実は同じことを望んでいるのかもしれません。
<参考>有機農業は未来の農業たり得るか
 これまで行われてきた農業では、果物や野菜中に残留農薬の問題や、水質汚濁の問題等が必然的に伴っており、本会の有機農法研究会では新たな有機農法を実践しています。
有機農法研究会の目的と特徴は
1.化学肥料や農薬に依存せず、汚染や水質汚濁を起こさない土壌での農法を実証する
2.人と自然(動物・植物・微生物を含む)が調和した農場を創り、リラクゼーション効果や癒し効果を楽しみ、ストレスに犯された現代人の緊張感を解消してくれる場をつくることです。

 自然界の美しい情景・音・生命力には人を癒す力があります。岡山NEXT研究会・有機農法研究会では、「癒し・憩い」をテーマにした実証研究を行っています。

 また本会では、岡山市芳賀に環境保全(永続型)農業の実証ほ場(名称:芳賀瑞郷=入江喜則氏)を設けて、完全な有機栽培を通じて、自然と触れあいながら、理想的な有機農法により得られるリラクゼーション効果や、実証ほ場で採れた作物を楽しんでいます。
    
※ なお、農林水産書が有機JAS法の制定の際には、入江氏らの協力で有機農法に関する基本資料の提供が行われています。

私たちの友好団体・連携団体をご紹介します。

食農ねっと http://www.shokuno.net/top.shtml

農業が環境に及ぼす影響をどう評価するか


 お問い合わせはこちらまで


プライバシーポリシー
当サイトの画像はすべて、著作権法により保護されています。画像の無断コピー・無断使用は禁止します。

Copyright 2005 OKAYAMA NEXT. All right reserved
produced by BND